車検のことがよく分からない人は必見!車検の初心者にも分かりやすく解説

車検は、定期的に行わなければいけませんが、初心者であってもわかりやすいように説明します。
基本的に2年に1度行うのが基本となりますが、新車の場合は3年は行わなくても良いです。
ほんとに自賠責保険に加入しますので、電源を受けていない自動車は自賠責保険にも加入していない状態と言えるでしょう。
そうすると、法律に違反してしまい普通の道を走る場合には罰金刑になると考えて良いかもしれません。
ちなみに自賠責保険に入っていない場合の罰金は500,000円未満になります。

車検のことがよく分からない人は必見!車検の初心者にも分かりやすく解説

初心者が知っておきたい知識はいろいろありますが日本で自動車を所有する場合、法律で車検をしなければいけませんが、どれぐらいのお金がかかるか気になるところです。
車検に関しては基本的に、格安で受けることもできますがやはりそれでもお金がかかるので受けたくないと感じる人もいます。
その時もし受けないとどのようになるのかを知っておいた方が良いかもしれません。
結論から言えば、普通の道を走ることができません。
自分の庭などであれば特に問題ありませんが、普通の道路を走ることができませんので、注意したいところです。
もしそのまま走って警察に見つかった場合は、罰金300,000円以下になるでしょう。

車検は車を購入したお店以外でもOK

自動車を所有するならば、車検のことを考えておかなければいけません。
この車検に関しては購入したお店で行うのが一般的です。
特に新車を購入した場合には自動車ディーラーが行っていますので、そこに任せるのが1番楽と言えば楽かもしれません。
なぜなら、他のお店を選ぶことをしなくて良いからです。
お店選びっていうのはなかなか大変で、新しいところに行くのも勇気がいるわけです。
安心できるディーラーなれば良いですが、個人のお店フランチャイズであっても本当に信用できるかどうかと言うのは自分が体験してみないと分かりません。
しかし、金額で選ぶならばディーラー以外のところでもよいでしょう。
そのようなところで車検を受ける女性は、格安で利用することができます。
どれぐらい格安になるかはそのお店によっても異なりますが、車検費用だけで通常10万円以上のお金がかかりますが、それを20,000円から30,000円ぐらい安くすることも可能です。
ただし、自動車を取りに来てくれませんので、その点は理解しておいた方が良いといえます。

車検中は代車を使えるので支障は出ない

車検は法律で定められているため、車を所有している人ならば必ず受けなくてはなりません。
車検を依頼する会社によって、価格やサービス内容は大幅に異なります。
また、整備が終了するまでにかかる時間や日数も違うので、急ぐ人は即日で行ってくれる会社を探すとよいでしょう。
車検を通している間車を使用できないと困るという人でも、ほとんどの会社で代車を手配してくれるので安心です。
すぐに職場に戻らなくてはならないという場合も、仕事に支障が出ることはありません。
代車が必要な場合は、車検を依頼する際に必ず伝えておきましょう。
会社によっては、あらかじめ予約をしておく必要があることもあります。
いざ必要な時に、使用できる車がないということもあるため、必ず確認しておきましょう。
一般的には、車の使用料が整備費用に含まれていることが多いですが、別途料金を請求されることもあります。
整備やサービスの内容をしっかりと吟味してから、依頼する会社を選ぶことが大切です。

ユーザー自身が車検を通すユーザー車検のメリットとは?

ユーザー車検のメリットは何と言っても費用を最小限に抑えることができることです。
ディーラーや業者に依頼をすれば、第三者を挟む分だけ費用は高くなってしまいます。
単純に車検を通すだけでも手数料が発生しますから、コストの上乗せになりますし更に整備も加われば更にお金がかかってしまいます。
もちろん、整備をしなくても通すこともできることもありますが、業者は利益をさらに確保するためであったり安全のために同時に整備も進めてきますから、どうしても費用は高額になりがちです。
ユーザー自身ですべてを行えば余計な費用は発生しませんし、整備に関しても最低限車検を通すだけのもので済ませることができるので、出費を最小限に抑えることができるというわけです。
知識のないままに安いからという理由だけで、自分で通すのは安全性の面で不安が残る部分もありますが、最低限の知識があり最低限の安全が確保できるのであれば安く済ませられるメリットは大きいと言えるでしょう。

ネットで車検の申し込みをすればスピーディー

自動車を所有していると、面倒に感じるのが車検です。
忙しいと期限内に受けられなかったり、終了後に受け取りに行く暇もありません。
価格の安さやクオリティも重要ですが、同じぐらいスピードも重視したいポイントです。
スピーディーに車検をしたいなら、おすすめはネット予約です。
ネットなら24時間365日予約を受け付けているため、仕事や家庭で忙しくてもちょっとした隙間時間に予約ができるので手間がありません。
またあらかじめ予約をしておけば当日の流れがスムーズで、うまくいけば当日中に終わらせることもできます。
ただしスピーディーに車検を終わらせたいなら、当日までに必要書類を集めておきましょう。
車検証や自動車損害賠償責任保険証明書など必要な書類を用意し、さらに有効期限があるものに関しては、期限切れではないか確認してください。
事前準備を入念に行い予約をしておけば、面倒なイメージほど煩わしさはなくスムーズに終わります。

タイヤの溝が減っていると車検は通らない

自動車を所有している限り、車検を通すことは必須になりますが、検査を受ける対象となる範囲は広くあり、タイヤをターゲットとした場合、溝が減っている場合は検査を通過させることはできません。
具体的な数値は乗用車の場合では1.6mm以上なければ通すことができず、その理由は雨降りの日に走行をした場合、ハイドロプレーニング現象を起こしてしまう可能性が高まるので安全を最優先にするには溝は重要です。
タイヤにはメーカーが違ってもスリップサインを示す位置がサイド側にマークで記載されています。
その位置にあるスリップサインを確認した場合、溝が擦り減ってスリップサイン以下になっている場合は新しく購入をして履き替えをした上で車検に出すことが必要になります。
スリップ事故を起こしてしまい、周囲の自動車も巻き込んでしまう可能性が高くなるので、車検前には4輪全てを確認することは欠かせません。
車検費用が掛かることで新品を購入するゆとりがないという方であれば、中古品を購入する方法も使えます。

ヘッドライトの色味や明るさも車検の検査対象になる

ヘッドライトは車検の中で指定された項目があり、及ばなくても過剰であっても審査外の判定をされてしまいます。
色味が城を通り越して青かったり、逆に昼光色よりも赤くなってしまうなどのケルビンが低い状態もNGです。
色味はケルビンで表示されており、合格基準は昼光色から白色光の範囲である4000Kから6000K程度であると規定されております。
更に光軸の角度は道を照らして上向きではなく、対向車に眩しく感じられない角度に設定しなくてはいけません。
光軸が乱れていると自分が危険なだけではなく、対向車にも迷惑をかけてしまうことになります。
明るさは1灯に対して6400カンデラ以上が必要であり、照度計を用いて計測をするのです。
最高光度は11万7500カンデラが上限になっており、明るすぎる場合にも規定外になってしまいます。
車検は検査項目にパスしないと合格しません。
ヘッドライトは整備不良や違法改造に該当しますので、安易に社外パーツを付けてはいけないのです。

愛車をカスタムする場合は車検の安全基準に従っておこう

車好きの方は、愛車に様々なカスタムパーツを付けて楽しむことが多いですが、改造する場合には車検のことをちゃんと意識する必要があります。
車検の安全基準に適合しない改造を行うと、検査に通らなくなってしまいます。
例えば、灯火類の色を変更してみたり、異様に長いマフラーやウイングをつけたり、車体から大きくはみ出るようなタイヤを搭載してみたり、車高を異様に低くするなどの改造を行うと、車検に通らない可能性が高いです。
あまり車をカスタムする気がない人でも、知らずによくやりがちなのが、窓ガラスの改造かもしれません。
窓ガラスに貼るスモークフィルムなどがカーショップで販売されていますが、あれを車のフロントの方に貼ったりすると検査に通らなくなるかもしれません。
後ろの方のガラスなら大丈夫ですが、前の方は助手席でもダメになる可能性があります。
ちなみに、車検が終わってから改造する人もいますが、違法改造をしている車に乗っていると、警察に捕まるかもしれません。

車検は最短だと何時間くらいで完了する?

通常は完了までに数日かかる車検ですが、近年ではもっとスピーディーに終わる車検サービスも登場してきています。
では、最短ならばどれくらいの時間で完了させることができるのでしょうか。
おそらく1時間程度で完了するのが最速です。
さすがにこれより速いところは、今のところないと思われます。
それにしても、通常数日かかる車検が、たったの1時間で終わってしまうというのは、ちょっと驚きです。
あまりにも速いので、手抜きをしてるのではないかと勘繰りたくなるかもしれません。
スピード車検は、手抜きというわけではないですが、最小限度の検査しか行っていないのは確かです。
そのため、多少整備に不安が残るのは否めません。
長年乗っていたり走行距離の多い自動車の場合は、時間をかけて検査・整備してもらった方がいい場合もあります。
初めて受ける検査の場合は、簡易な検査だけでも問題ないかもしれません。
また検査が速い理由は、検査項目が少ないだけでなく、複数のスタッフで分担作業しているということもあります。

車検の費用を抑えたいならネットで比較するのがおすすめ

車検の比較をするときに最も利用しやすいのは、ネットのサービスです。
元々、車検は自動車の安全性を保証するために義務化されているものです。
自動車は消耗品ですし、リスクの存在する乗り物なので長期運転ができるように法律で決められているいくつかの整備に関連する検査をしなくてはいけません。
そして、そういった検査項目と費用についてはそれぞれの車両で異なっている傾向がありますので、実はすべてのサービスで同じように提供されているわけではない現状です。
こういった車検をより効率的に利用するためには、自分が保有している車両を出来る限り安い費用で利用できるように準備を整える必要があります。
そのために役に立つのが、ネットの比較サービスです。
例えば、必要以上の検査項目が必要にならないケースでは、非常に安い金額で利用できるところもあります。
自分にとって必要な項目で検査できる業者を選択することで、費用も時間もムダに使わずに済むようになります。

車検に関する情報サイト
車検の情報サイト

車検は、定期的に行わなければいけませんが、初心者であってもわかりやすいように説明します。基本的に2年に1度行うのが基本となりますが、新車の場合は3年は行わなくても良いです。ほんとに自賠責保険に加入しますので、電源を受けていない自動車は自賠責保険にも加入していない状態と言えるでしょう。そうすると、法律に違反してしまい普通の道を走る場合には罰金刑になると考えて良いかもしれません。ちなみに自賠責保険に入っていない場合の罰金は500,000円未満になります。

Search